Header Image

中国の伝統美術から現代アートを紹介

Latest Entries

古物市場に出回るアート作品

美術に関わりのある人は、遅かれ早かれ美術商や古物商に関わることになると思います。 コレクションの売買もそうですし、作家に関しては自分の作品を 世に出すために大事な取引先になりますから。 さて、先日はある古物商の方に、古物市場に出回るアート作品についての レクチャーを受けたんです。 その方は業界が長いため、かなりの目利きで通っていますし、 ブランド物や美術品の見分け方の講座を定期的に開いています。

葬儀は大和市の公民館で、好きなアートに囲まれて

中国の現代アートの収集家であるE氏は御年87歳。 いつお会いしてもお元気で、 大好物はサーロインステーキ、スロージョギングも日課だそうです。 そんなE氏は資産家なので中国の伝統美術から現代アートまで 素晴らしいコレクションをお持ちなんですよね。 季節ごとにお宅でホームパーティーをされるのですが、 私は行くのを楽しみにしております。 さてそんなE氏、葬儀は大和市の公民館で、 大好きなアートに囲まれて行いたいそうです。 もう遺影も撮影済みとのこと、まだまだ長生きしてください。

トリミングは横浜へ出かける理由

知人はプードルを5匹飼っているのですが、特に手入れが大変なペットですが、 月に1度わざわざ遠く、トリミングは横浜へ連れて行くそうです。 そのペットショップでのトリミングの技術が高く、 他に通えなくなったというのも理由の一つですが、 もう一つは横浜中華街で豪華なランチを食べるためだそうです。 中国の伝統的な家具や食器に囲まれて美食を味わうのが贅沢だそうで、 確かに、ということで今度ご一緒させていただくことになりました。

やたらと絵が飾ってあると開業医の節税対策か?

医者に行って、やたらと絵が飾ってあると「開業医の節税対策か?」 と訝しくなる嫌な面があります。 それでいて、医療が一昔前だったり、無駄に薬が多かったりした日には、 点数水増しや薬屋から賄賂貰ってるなと決めつけもします。 というのも、初めて行った病院で出された薬で、全身に発疹が出た事があるから。 病院も古い感じだったし。 皮膚科に行ったら「薬の為ですね」と。 治りは悪かったし、皮膚科代も無駄にかかりました。 皮膚科曰く「昔の医者がよく出す」とのこと。 節税や金儲けばかり勉強して、本業が疎かになっているのはないですか〜。

中国古美術専門店でバイオリンを販売。

最近、中国の富裕層が日本の中国古美術を買い漁っているそうです。 何故かというと、中国国内では贋作が横行しており、 なかなか良い品が入手できないそうで、 その点日本では、贋作が少なく価格も相場内であることから、 お金に余裕のある方々が、先行投資とばかりに日本で 中国古美術を買いまくっているのです。 そんなこんなで、古美術店のリアルな現状を見てみたくなり、先日巡って来ました。 確かに中国古美術が結構出ているそうで、若干左うちわ的なようでしたね。(イラっ) そんな中、中国古美術専門店でバイオリンを販売している店がありましたね。 なんで?って聞いたら、「好きだから」だって。 看板、専門…って。

サーフィンの初心者講習での出会いは

先日、友人に誘われてサーフィンの初心者講習につきあってきました。 実は昔からサーフィンに興味があったので、これも縁かなと思いまして。 で、講習には15名ほどが参加し、終わってから数名と話をしたのですが、 私のもう一つの趣味である現代アートのことに興味を示してくれた人がいたんです。 50代の男性なんですが、とある事業をしており、 中国の現代アートのコレクションをお持ちらしく、仕事でも関わりがあると。 面白い話ができそうなので、しばらく通ってみたいと思っています。

井之頭病院に採用されたお祝いに…

ずっと医療事務をしている友人が、引っ越しを機に井之頭病院への転職を果たしたようです。 無事採用が決まったお祝いに、数名で集まることにしました。 その友人は中華料理がとても好きなので、とあるホテルの高級中華でお祝いすることに。 その中華料理店は各個室に中国の伝統芸術や現代アートを飾っていて、 まるで美術館のような豪華さなんですよ。 それを見たくてこのお店をプッシュしたんです。 お料理はもちろん、絵画も陶磁器もとても素敵でしたよ。

ウユニ塩湖ツアー帰りの土産話

中国料理の老舗での食事会も回数を重ねてきました。 中国の伝統的な器に盛られた色とりどりの目にも美味しい料理の数々、 器も含めていつもうっとりと眺めています。 だいたい2ヶ月に一度開催されるのですが、年内最後の会が先日ありました。 ちょうどウユニ塩湖ツアー帰りの方がいて、お土産とお土産話をいただきました。 やはり海外の世界遺産は一生に一度は行きたいですね。 10か所くらいが目標かな~。 ウユニ塩湖はぜひ行きたい場所です。 インカ時代の遺跡も興味があるし。

autocad互換性について語られる

先日は中華料理店で中国の伝統工芸品を愛でる会というのがありました。 その中華料理店のオーナーの秘蔵の品を鑑賞したのですが、 伝統工芸から現代美術まで、すばらしいコレクションの数々でした。 そして美しい器に盛り付けられた中華料理も…。 幸せな時間を過ごしたのですが、隣に座った方が建築家で、 autocad互換性について、語られたのには意味がわからず少々困惑しましたが、 全体的には良い会でした。 次回も参加したいな~。

便利屋さんのコレクションは?

先日仕事の関係の展示会に行ったときに、 知り合いの便利屋さんに偶然会いました。 どうやら出展企業の展示準備の依頼を受けていたようですね。 コンパニオンの手配もしたといっておりました。 ホントなんでもできるんだなあ(笑)。 そんな彼はなんでも屋さんだけあり、とても顔が広いのですが、 趣味が骨董品のコレクションで、特に中国の伝統工芸品に目がないようです。 実際、中国の伝統美術の展示会に、 自身のコレクションを貸し出したことがあるそうで、 どれだけ価値の高いものを持っているのか、興味深々です。

千葉でリフォームで骨董品が。

よく家をリフォームの際に骨董品が出て来て、実はそれが高価な品だったなんて聞きます。 蔵も何もない家で育った私にしてみれば、まったく縁のない話ではありますが、 家のルーツだったり、先祖の好みだったりと色々な思いに邂逅できる貴重な経験ですよね。 友人のMも千葉でリフォームをしたのですが、ご多分に漏れず家から骨董品が出てきました。 価値はたいしたことなかったそうですが、何となくそれが大層気にいったとのことでした。 人の好みは、世代を超えるのかも知れません。

天津へ転勤時に美術品を持ち込む。

今、日本の中国美術品が高く取引されていると巷で賑わいをみせています。 背景には、中国国内の好景気と富裕層の増加があり、 そのお金を美術品にあてようとしているのです。 しかし中国国内の美術品は贋作が多く出回っていて、 損をするケースが多いのだそうで、そこで白羽の矢がたったのが日本なのです。 日本の美術品の管理は高く、贋作の割合も中国比較ではグンと少ないそうです。 天津へ転勤が決まった友人などは、荷物に実家の蔵にある水墨画を持っていこうか、 などといっていましたね(笑) 思い当たる事がある人は、探してみるといいかもしれませんよ。

肺がんのカテーテル治療を考える

以前、北京の中国美術館へ一緒に訪れたことのある友人が、 肺がんになったというショッキングな出来事がありました。 しばらくなんと声をかけてよいか悩んでいたのですが、別の友人から治療の経過などを聞き、 少しほっとしてお見舞いに行こうということになりました。 少し肺がんについて調べておいた方が良いかと、 友人の受けた肺がんのカテーテル治療については一通り調べてみました。 カテーテル治療は初めて知りましたが、大変有意義な治療法だと思いました。